« シャリロケット | トップページ | 気がつけば猫バカ 8-1 »

2008年5月28日 (水)

気がつけば猫バカ 7

ありんことわたし

ありんこって気位が高く、気分屋で、自分勝手で、気が強く、狭量な猫です。
一緒に暮らしはじめた当初、ほとんどさわらせてくれませんでした。なでなでしようとするとするりとかわして逃げられちゃいました。猫とどうしたら仲良くなれるのか、いろいろ調べていろんな人に意見を求めました。その結果、

わたしのとった対策は、シンプルながら、

ゆっくり近づく
触る前にまずわたしの匂いをかがせる
そうっと触る
ひたすらほめちぎる(かわいいよ、べっぴんだ、姫!などなど)

そうしているうちに少しずつ慣れていって、触らせてくれるようになってきました。
一緒にくらして何ヶ月か経った頃、わたしがお昼寝していたらそろりとわたしの胸の上に乗ってきました。わたしがなでなでするとリラックスしてわたしの胸の上でゴロゴロ言って寝たのです。ありんこと心が通じた!って思った瞬間でした。

その後ありんこと心が通じてるのかっていうとそうでもなくて、今でもありんこは触って欲しくない時はするりとかわします。ご飯が欲しい時、しろはわたしの目を見ておねだりするのですが、ありんこは目を合わせようとしません。わたしが目をのぞき込んでもすっと目をそらします。

嫌われているのか!?

よくわかりませんが、猫の礼儀として目は合わせないものなのだそうです。ありんこは猫としては礼儀正しい子なのかもしれません。

そんな、心が通じ合ってんだか合ってないんだかわからないわたしとありんこです。

だけどもそんな中、一緒に暮らすのを認めてもらってるなって程度には思う瞬間があります。それはありんこが時々突然にとろけるほど甘えてくるときです。

懐に顔をうずめてきて、
ぐいぐい頭を押し付けて、
ゴロゴロいい、
ふみふみし、
鼻チュウをしてくるんです!

しろもびっくりな甘えっぷりです。

あぁぁぁぁっ、もぅぅっ!! そうしてわたしはありんこにメロメロなんです。 ばか!

↓「花とありんこ」F3/2006年制作 作品解説はこちら

Photo_2

-------------------------------
↓ ありんこ大好き

Banner_04_2





 

|

« シャリロケット | トップページ | 気がつけば猫バカ 8-1 »

◎作品」カテゴリの記事

ありんこ」カテゴリの記事

気がつけば猫バカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025095/21201095

この記事へのトラックバック一覧です: 気がつけば猫バカ 7:

« シャリロケット | トップページ | 気がつけば猫バカ 8-1 »