« ネズミコレクション | トップページ | シャリ行方不明顛末 2 »

2008年7月 6日 (日)

シャリ行方不明顛末 1

職場は町中にある広い一軒家風のところなのですが、そこには「シャリ」っていう名前の白い雄猫がいます。シャリは一昨年の11月のある日突然に、職場にいました。庭先にやってきて、みんなと遊び、カリカリをもらいそれ以来居着き今にいたってます。

今日はシャリのことを書こうと思います。

なんでかって言うと、シャリが数日間行方不明になっていたからです。シャリは職場の構造上、出入り自由の半野良状態で飼われています。ですが、みんなが仕事を終えて帰るときにご飯をもらえるので、呼べば戻ってきます。
木曜日、職場のあたりはの夜から土砂降りになり、その前後からシャリが見当たらなくなってしまっていました。

金曜日、出勤していったわたしは
「シャリが昨日の昼頃みかけたっきりいない」
って聞かされてあわてました。

それは去年の今頃の出来事を思い出したからです。

去年の6月末日、シャリが帰って来ない日がありました。
翌日にも帰ってこなかったので、近所を探しはじめましたが、なかなかみつかりません。
いなくなって4日目に、職場から半径200mくらいの民家の床下にいるところを発見!
つれて帰って様子を見たところ、手がぶらぶらしていたので病院に行くと、右前足上部が複雑骨折していて、手術しました。先生によると骨が6個にも7個にもくだけてて、大変な手術だったそうです。骨がうまくつながらない場合は断脚しますっておどかされてました。
そんな手術後ですから、本来なら絶対安静のはずなのですが、うっかり脱走させてしまって、また探す、みつける、また脱走、またみつけるなんてこともありました。
それでも2か月間の安静が効いて骨もばっちりつながり、今ではまったく支障なく元気いっぱいです。

070724_161801_4

骨を固定するピンが抜けるまで、事務室内に監禁されていたシャリ。
退屈でなんども脱走しました。

-------------------------------
↓ どこー? 

Banner_04



 

|

« ネズミコレクション | トップページ | シャリ行方不明顛末 2 »

シャリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025095/22109615

この記事へのトラックバック一覧です: シャリ行方不明顛末 1:

« ネズミコレクション | トップページ | シャリ行方不明顛末 2 »