« ご無沙汰です | トップページ | 涼しくなってきました »

2008年9月11日 (木)

ありんこだって猫である

そうです。
ありんこだって猫である。Photo_4
ありんこ 「うむ。」

しろだって猫である。
Photo_5

しろ 「そうともさ。」


先日、「グーグーだって猫である」映画館で見てきました。

Wp02_800_600_2 映画が面白かったので、原作漫画(大島弓子著)を友達に借りて読み直しました。前に借りて読みましたが、改めて、面白かったです!

いろんな接し方があって、愛し方があって、猫と人の数だけ物語があります。大島さんの漫画を読んで、わたしはもうちょっと猫と真剣に遊んでもいいなと思い,新しいおもちゃを買って来てみました。

原作では大島さんちは現在猫13匹になっちゃってるそうです。

そういえば、町田康さんも猫好きで「猫にかまけて」「猫のあしあと」など書かれてますが、どんどん猫が増えちゃってます。

うちんちのお隣さんだって18匹?くらいいます。

どうして増えちゃうんでしょう!?

でも、わかります。全部の猫さんに幸せになってもらいたくなるからです。でもそんなこと個人じゃ無理なんだけど、できる限り何かしたい気分になっちゃう。猫の魔法です。

わたしはっていうと、ずっと前ですが、子猫をお隣からもらったことがあったのですが、しろとありんこから強力に反対されちゃったので、今のところ自粛しています。

-------------------------------

シャリだって猫である。
あ、そうそう、シャリもね!

Banner_04 ← let's  click




|

« ご無沙汰です | トップページ | 涼しくなってきました »

ありんこ」カテゴリの記事

しろ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私もこの映画みたいと思っていたんですよね。
猫が好きでたくさん飼いたいという気持ちはよ~く分かりますが、実際病気になったりした時の治療費やストレスのない家の広さなどを考えると難しかったりしますよね。
でも、お隣さんの18匹はすごすぎる!
それだけいると、一匹一匹に愛情を注げるのかしら?

投稿: みにゃんこ | 2008年9月11日 (木) 21時52分

映画もいいけど、漫画も面白かったです!
お勧めです。
町田康さんの猫の話もかなり面白かったですよ!

猫の数が多いところは、人対猫より猫対猫の関わりが重要になるのでしょうね。
トイレの掃除が大変そうです。治療費もそうですね。

ともあれ、一匹でも多くの猫さんが幸せであって欲しいです!

投稿: しろありまま(きく) | 2008年9月11日 (木) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025095/23646810

この記事へのトラックバック一覧です: ありんこだって猫である:

« ご無沙汰です | トップページ | 涼しくなってきました »