だけどある日、お母さんが動かなくなりました。
お母さんはだんだんだんだん、大きな木の根元にとけていきます。
もしかしたら、動くお母さんはどこか別のところでいるのかもしれない。
チャイとラッテはあちこち探し回りましたが、お母さんに会うことはできませんでした。